2024.06.20 中学校

7/21(日)日体ゼミナール「理科教室」受付中

日体ゼミナール  第30回理科教室「解剖の科学」  6/21(金)19:00受付開始

テーマ:「解剖の科学」

実 験①:カタクチイワシの煮干しの解剖に挑戦

小売店で購入できる煮干しは、カタクチイワシであることがほとんどです。生魚は包丁を使って開きますが、大きめの煮干しであれば、手で簡単に開く(解剖)ことができます。カタクチイワシの煮干しを開いて、脊椎動物のうちの魚類の体のつくりを調べてみましょう。

実 験②:煮干しの消化管の内容物の観察

多くの煮干しは、消化管(胃や小腸、大腸など)を取り除かれていません。煮干しを水に戻すことで、消化管内に残っているものを顕微鏡観察することができます。水揚げ地の違いや、魚の種類の違いなどに注目して、魚がどのような生物を食べて生活しているかを比べてまとめてみましょう。環境問題を考えるきっかけにも・・・。

<参加にあたってのお願い>

感染症対策にご協力ください。消毒液、安全ゴーグルは本校で用意します。

当日は浜松日体中・高等学校、科学研究部の部員も参加します。小学生の皆さんの参加をお待ちしています。

日 時:令和6年7月21日(日)9:30~11:30

                 (受付 9:00~9:30)
       
場 所:浜松日体中・高等学校 高校校舎4階「化学室」

対 象:小学4年生~小学6年生 ※定員20名(保護者の同席可)
    
会 費:500円(材料費、保険料) ※当日集金

問い合わせ先:浜松日体中・高等学校
 広報募集担当 内山純一
 理科教室担当 河合克仁 (TEL:053-434-0632)