MENU

中学学校部活動紹介


男子硬式テニス部/中学運動部

〔全国大会に出場して〕 
私たち中学男子テニス部は12月26日から行われた「全国中学校テニス選手権大会」に出場しました。私たちは県予選が行われる9月頃から全国出場を目指し、練習をしてきました。
全国大会へ直接つながる東海大会では、初戦から競った試合が多くありましたが、大事なところで勝ち切ることができ、東海地区3位で全国出場を決めることができました。そして、私たちは初戦突破を目標に、準備をして大会に臨みました。
私たちの初戦の相手は京都府の学校でした。緊張と不安がありましたが、シングルスとダブルス、3つの対戦すべてで勝利することができました。全国の初戦ですべて勝ったことは団体メンバー全員の自信になりました。2回戦は負けてしまいましたが、2日目のコンソレーションの1回戦ではその自信をプレーに表すことができたと思います。1日目より積極的なプレーが増え、メンバーの応援の質も試合を重ねるごとによくなっていきました。結果、コンソレーションでは1回も負けることなく、9位という成績を収めることができました。順位に関係なく、1回しか負けていないということは自信になりました。
私たちはこの大会中にも東海地区代表、そして浜松日体の代表としての役割をメンバー1人1人が考えて行動し、プレーをすることができました。
私たちの義務は、この経験を無駄にせず、テニス部の成長につなげることだと思います。応援してくださった中学・高校の皆さん、先生方、同窓会・後援会の皆様への感謝の気持ちを忘れずに日々を過ごしていきたいと思います。
そして、私たちは選手です。日頃たくさんお世話になっている増井先生、武藤先生に、大会で培った自信を糧にプレーで恩返しできるよう、努力をして部活全体のレベルを上げていきたいと思います。

〔部活動紹介〕
僕たち男子テニス部は、3年生10人、2年生7人、1年生14人計31人で活動しています。
 平成27年度は、団体戦で8月に県大会優勝することができ、9月の私学大会では、県大会2位となり、東海大会でも3位に入賞することができました。
現在、僕たちは東海でも通用するような練習を日々行っています。
普段は、限りある時間を有効に活用するため、なるべく早くから練習をしたいと考え、予定時間よりも早くコートに入り,練習を始めるように心がけています。まずは、足を動かしフットワークや自分のボールを打つ時のフォームを見直すためにショートラリーをします。体が動いてきたらミドル、ロングと打ち合う距離を長くしつつ、ショート以上のフットワーク身に付けるように、ラリー中は必ず足を動かすように部員全員が気をつけています。
 部内は、先輩も後輩も関係ないぐらい仲が良く、とても雰囲気が良いです。そのため、部員同士の信頼感もあります。
これからも日々の練習や部員同士の信頼感を大切にしながら、みんなで協力し、日体中男子テニス部のモットーである『考えるテニス』を継続していきたいと思います。

過去の成績

<団体戦>
県大会優勝
私学・県大会 2位
私学・東海大会 3位

部員数 31人
監督・顧問 増井 威晴
武藤 純
練習時間 15:50~18:00
練習場所 テニスコート

活動風景


ページトップへ
日体中学校・日体高等学校|ホーム
  • 部活動>中学校部活動紹介>部活名